生産体制

岡山製薬工場

  • 岡山製薬工場
  • 岡山製薬工場

液剤・固形剤の製剤から包装工程まで、医薬・診断薬の高い生産能力を発揮

医薬品製造においてはGMP※1基準に、診断薬製造では国際的品質マネジメントシステムISO13485※2に基づいた厳格な製造・品質管理体制を構築し、高品質な製品を製造しています。各工程で品質試験を繰り返し実施して出荷判定するとともに、出荷後は安定性試験を実施しています。無菌操作法で製造可能な液剤設備を有するほか、診断薬では免疫試薬の量産化にも成功しています。
岡山製薬工場は、高品質医薬品の製造能力のさらなる強化を目指し、2009年に本格稼働した固形剤および液剤の製剤棟を有しています。あらゆる角度から製造ラインを監視する品質管理体制を構築し、液剤では高度な清浄度を満たす製造環境を完備するほか、多様なニーズに高品質で対応可能な最新鋭設備を設置しています。製剤棟の医薬品固形剤の生産増加に伴う包装能力と、体外診断薬医薬品の生産および包装能力強化のため2014年1月に竣工し、稼働を開始した包装棟は製剤棟と同様に国際的医薬品GMP基準に適合した環境下で製造事業の付加価値向上と成長基盤の構築を目指すとともに、受託製造の拡大にも力を入れております。
また、これらの医薬品の生産量拡大による物流量増加を受け、岡山配送センターを改築し、従来の1.7倍まで製品の保管能力を高めることで、医薬品等の製造から物流までの、高品質な製品供給機能の更なる強化を図っております。

  • 岡山製薬工場
  • 岡山製薬工場

●医薬品GMP適合
●ISO13485認証取得

※1 GMP(Good Manufacturing Practice):
医薬品等の製造管理及び品質管理
※2 ISO13485:医療機器における
品質マネジメントシステムの国際規格

会社情報

  • 会社情報INDEX
  • トップメッセージ
  • プロフィール
  • 基本理念
  • ネットワーク
  • 生産体制
  • 信頼性保証体制
  • CSR活動
  • 財務情報
  • アルフレッサグループについて
  • alfresa アルフレッサホールディングス株式会社
  • alfresa group
  • alfresa アルフレッサファインケミカル
  • 受託製造事業
  • アルフレッサファーマのイベント・インフォメーション