生産体制

最先端の薬品製造体制を整え、高品質な製品を提供

GMP基準に準拠した岡山製薬工場とQMS基準に基づいて医療機器を総合的に手掛ける千葉工場、手術用縫合糸のアジア生産拠点・青島耐絲克医材有限公司の3生産拠点で、高品質な医薬品(医療用・一般用)・医療機器を製造しています。いずれの工場でも、ハイクオリティーと安定供給を第一に、さらなる設備拡充に取り組むとともに、生産性とコストパフォーマンスの向上にチャレンジを続け、お客様の信頼と期待にお応えしています。

  • 岡山製薬工場

    液剤・固形剤の製剤から包装工程まで、
    医薬・診断薬の高い生産能力を発揮

    ●医薬品GMP適合*1
    ●ISO13485認証取得*2

    *1 GMP(Good Manufacturing Practice):医薬品等の製造管理及び品質管理
    *2 ISO13485:医療機器における品質マネジメントシステムの国際規格

  • 液剤・固形剤の製剤から包装工程まで、医薬・診断薬の高い生産能力を発揮

    医薬品製造においてはGMP*1基準に、診断薬製造では国際的品質マネジメントシステムISO13485*2に基づいた厳格な製造・品質管理体制を構築し、高品質な製品を製造しています。各工程で品質試験を繰り返し実施して出荷判定するとともに、出荷後は安定性試験を実施しています。無菌操作法で製造可能な液剤設備を有するほか、診断薬では免疫試薬の量産化にも成功しています。
    岡山製薬工場は、高品質医薬品の製造能力のさらなる強化を目指し、2009年に本格稼働した固形剤および液剤の製剤棟を有しています。あらゆる角度から製造ラインを監視する品質管理体制を構築し、液剤では高度な清浄度を満たす製造環境を完備するほか、多様なニーズに高品質で対応可能な最新鋭設備を設置しています。製剤棟の医薬品固形剤の生産増加に伴う包装能力と、体外診断薬医薬品の生産および包装能力強化のため2014年1月に竣工し、稼働を開始した包装棟は製剤棟と同様に国際的医薬品GMP基準に適合した環境下で製造事業の付加価値向上と成長基盤の構築を目指すとともに、受託製造の拡大にも力を入れております。
    また、これらの医薬品の生産量拡大による物流量増加を受け、岡山配送センターを改築し、従来の1.7倍まで製品の保管能力を高めることで、医薬品等の製造から物流までの、高品質な製品供給機能の更なる強化を図っております。

  • 千葉工場

    国内最大規模の手術用縫合糸をはじめ、
    各種医療機器の製造拠点として

    ●医療機器QMS省令*3適合
    ●ISO13485,ISO9001*4認証取得
    ●CEマーキング*5認証取得

    *3 医療機器QMS省令:医療機器の製造管理及び品質管理の基準に関する省令
    *4 ISO9001:製品及びサービスにおける品質マネジメントシステムの国際規格
    *5 CEマーキング:製品が欧州連合(EU)地域の安全規格に適合していることを示すマーク

  • 国内最大規模の手術用縫合糸をはじめ、各種医療機器の製造拠点として

    千葉工場は、最新鋭の設備を備えた、国内最大規模の手術用縫合糸製造工場です。手術用縫合糸「ネスコスーチャー」を中心とする各種医療機器の技術開発から製造までの一貫体制を整え、安全で使いやすく、機能的な製品づくりを推進しています。原料・資材の入荷段階から製造、包装、出荷に至るまでの全ての工程において、QMS省令に基づく厳格な品質管理体制を構築し、さらに最新鋭の検査設備も充実させ、受入・工程内・中間製品・最終製品の4段階で試験を実施。医薬品医療機器等法や公的規格よりも厳しい社内基準を設け、社内基準に合格した製品だけを市場に送り出しています。

  • 青島耐絲克医材有限公司

    アジアの製造拠点として、
    高品質な手術用縫合糸を安定供給

    ●医療機器QMS適合
    ●ISO13485,ISO9001認証取得

  • アジアの製造拠点として、高品質な手術用縫合糸を安定供給

    青島耐絲克医材有限公司は、北京と上海のほぼ中間に位置する青島市の経済開発区内に開設したアジアの製造拠点です。良質なシルクを豊富に確保できる好立地を活かし、高品質なシルク縫合糸を製造するほか、合成吸収性縫合糸や心臓血管外科用縫合糸も日本と同等の技術で製造しています。
    厳格な品質管理体制を構築するとともに営業体制も整え、中国国内やアジアを中心に、海外での販売拡大を推進しています。