うつ病かな?と思ったらセルフチェック

うつ病かもしれないと感じたら簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)で
うつ症状をチェックしてみましょう。

簡易抑うつ症状尺度(QIDS-J)とは

簡易抑うつ症状尺度(Quick Inventory of Depressive Symptomatology:QIDS-J)は、16項目の自己評価尺度です。

採点の方法

睡眠に関する項目(第1-4項目)、食欲/体重に関する項目(第6-9項目)、精神運動状態に関する2項目(第15、16項目)は、それぞれの項目で最も点数が高いものを1つだけ選んで点数化し、それ以外の項目(第5、10,11,12,13,14項目)は、それぞれの点数を加算します。うつ病の重症度は、睡眠、食欲/体重、精神運動、その他の合計点数(0点から27点)で評価します。

日本語版自己記入式・簡易抑うつ症状尺度
(Quick Inventory of Depressive Symptomatology:QIDS-J)

1.寝つき

2.夜間の睡眠

3.早く目が覚めすぎる

4.眠りすぎる

1~4で最も高い点数をひとつ

5.悲しい気持ち

5の点数

6.食欲低下

7.食欲増進

8.体重減少(最近2週間で)

9.体重増加(最近2週間で)

6~9で最も高い点数をひとつ

10.集中力/決断

10の点数

11.自分についての見方

11の点数

12.死や自殺についての考え

12の点数

13.一般的な興味

13の点数

14.エネルギーのレベル

14の点数

15.動きが遅くなった気がする

16.落ち着かない

15~16で最も高い点数をひとつ

実施日 : yyyy年 mm月 dd

合計点数

該当するかどうかの判断ができない項目が多くあり、不安な状態が続く場合は、まずは医療機関に相談しましょう。どの病医院に行けばいいのかわからないときは、診療科にこだわることなく、ふだんから診てもらっているかかりつけ医に相談してみましょう。また、地元の保健所や精神保健福祉・センターの相談窓口を利用するのもよいでしょう。

出典:日本ストレス学会の承認を得て、ストレス科学 25(1),43-52.2010より引用改変

監修:中村 純 先生

(特定医療法人北九州病院 北九州古賀病院院長 産業医科大学名誉教授)

更新日:2018年10月01日

うつ病に関する用語集 うつ病症かな?と思ったらセルフチェック Q&A うつ病を理解するために